So-net無料ブログ作成
検索選択

【地震予測】熊本の次は”南海トラフ地震”でマグニチュード9レベルの大地震!?学者や予言者、FBI超能力捜査官までもが断言してしまった。 [エンタメ]

スポンサーリンク





まずは、3.11の余震を警戒しなければならない。
実は発生から5年を経た現在も、まだ大規模な余震が発生する可能性は続いている。

これまでに、M7規模の余震が何回か起きているが、大地震の余震は必ずしも「本震よりも小規模」とは限らない。
場合によっては、同規模の地震も起こり得る。


東北地方以外で近年中に発生し得る巨大地震としては、何といっても「南海トラフ地震」が挙げられるだろう。
これは、南海・東南海・東海の3つの地震、あるいはそれらが連動して起きる巨大地震。

実は「南海トラフ地震」に限っては、“発生の法則”がある。ひとつは、歴史上知られる十数回の南海トラフ地震は、すべて2月〜7月に発生しているという事実だ。






つまり夏季から冬季までに発生しており、春季から初夏にかけては起きていないのだ。原因は不明だが、偶然の一致として片づけるべきではないだろう。


そしてもうひとつは、過去の「南海トラフ地震」は、黒潮が紀伊半島・遠州灘沖で大きく蛇行する「黒潮の大蛇行」期間中には起きず、すべて黒潮の「直進期」(非大蛇行期)に起きていることだ。

では、現在の状況はどうかというと、2005年8月に大蛇行が発生したのを最後に、黒潮の「直進期」が続いている。


以上2つの「法則」をまとめると、このまま黒潮の「直進期」が続くとすれば、「直近では2016年7月~2017年2月に南海トラフ地震が発生する可能性がある」ということになるだろう。

さらに驚愕の事実が↓↓↓
next (1).png





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。