So-net無料ブログ作成
検索選択

【三代目J Soul Brothers】岩田剛典 実は三代目への加入を嫌がっていた事が判明、、その理由とは? [エンタメ]

スポンサーリンク




甘いマスクとダイナミックな踊りでファンを魅了し、存在感抜群のガンちゃんこと岩田剛典(27)。三代目J Soul BrothersやEXILEのパフォーマーとしてだけでなく、「恋人にしたい音楽アーティストランキング(※「CD&DLデータ」誌発表)でもトップ10入りするなど、ますます目が離せない。『週刊朝日』6月3日号の表紙を飾ったガンちゃん。本誌はその素顔に迫った! 
特別にその一部を紹介する。

600c-_1493138-1-e1451841128803-500x314.jpg
 今や俳優としての顔も持ち、“王子様キャラ”といわれるガンちゃんこと岩田剛典(27)。慶応義塾大学法学部卒で大手企業の内定を辞退し、2010年に三代目 J Soul Brothersとしてデビューした“異色の経歴”の持ち主だ。名古屋市出身で、小学生の頃は全国模試で上位に食い込み、中学から上京して慶応に進学。高校3年生の時に、自分の思いを体で表現するダンス・KRUMPのドキュメンタリー映画「RIZE ライズ」を見て影響を受け、独学でダンスを始めた。大学でも“ガンちゃん”と呼ばれ、ダンスサークルの部長を務めていたという。


「大学で夜9時頃まで練習していて、夜中は“ダンサーの聖地”といわれるビルの前で練習。誰よりも熱心で、見た目も中身もゴリゴリの体育会系でした。でも、酔っぱらうと甘えん坊で(笑)。
部長としても人望が厚かったけれど、熱すぎるあまり話が長かったですね(笑)」(サークルの仲間)

 ダンスにのめり込み、日本でKRUMPの第一人者といわれるJUN aka Twiggzこと佐藤順一郎氏の運営するKRUMPバトルイベントに参加したことを機に、EXILEの小林直己や関口メンディーも所属するTwiggz Famのメンバーに仲間入り。JUN氏は、出会った当時をこう振り返る。






「ダンスに光るものがあり、一緒にやりたいと思って声をかけました。見た目はギラギラしているのに、話すと謙虚で礼儀正しい好青年で、でも踊らせるとやっぱりギラギラしていて、インパクトがあった。粗削りでしたが、良いモノを持っているなという印象でした」

 KRUMPは飛躍的に上達し、大学在学中に全国大会で優勝。前出の小林直己に誘われて三代目 JSBに加入した。

「僕も加入を勧めたんですが、最初は、『ありがたいんですけど、就職も決まっている身なので考えさせてください』と、芸能界に興味がない感じでした。でも、『KRUMPはライフスタイルで大きな比率を占めているから、自分の中で極めたい』と決意したようです。真面目で真摯なガンちゃんなので、決意にはかなりの覚悟が必要だったはず。そんな姿や努力を人には見せないストイックさが、今でもありますね」(JUN氏)


掲載元:http://dot.asahi.com/wa/2016052500267.html


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。