So-net無料ブログ作成
検索選択

EXILE・ATSUSHIの「海外留学」が波紋 ドラッグ問題への憶測呼ぶ [エンタメ]

スポンサーリンク




先月31日、EXILEのATSUSHIが、2018年までの活動拠点を海外へ移すこと、年内にアメリカへ移住することを発表したのだが、ネット上では「脱退か?」「まさか、東京五輪の開会式に出ようと企んでるんじゃないだろうな?」などと波紋を呼んでいる。

 今年デビュー15周年を迎えたEXILEだが、HIRO、MATSU、USA、MAKIDAIら、オリジナルメンバーが次々と勇退していき、弱体化が進んでいるといわれているだけに、ATSUSHIの決断に関しては、「このまま脱退?」「海外留学は、泥舟から逃れる口実?」などといった声がささやかれているのと同時に、20年には東京五輪を控え、開会式には毎回、その国を代表するようなアーティストが出演することが常となっているため、「東京五輪を見越して?」と臆測する声もささやかれている。






「EXILEの公式サイトに寄せたメッセージでは、海外活動は、あくまでも18年までの期間限定であることを強調しているATSUSHIですが、最近では、マンネリ化や、EXILE一族を統括している芸能プロダクション・LDHのブラック企業体質が問題視されてしまっていることで、EXILEの人気は目に見えて急落しているため、『18年には、EXILEそのものがなくなっているのでは?』と指摘する声も。また、ATSUSHIは、今年7月に行われた、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズ戦の試合前のセレモニーで、日本人アーティストとして初めて、ドジャースタジアムでで日本国歌『君が代』の独唱を行った際には、『東京五輪のために世界にアピール?』と指摘されていただけに、海外留学に関しても、東京五輪開会式への出演狙いだと臆測する声が非常に多く飛び交っています」(芸能関係者)

 ATSUSHIといえば、昨年頃から激ヤセを指摘されるようになり、ネット上ではドラッグ使用を疑う声も飛び交い始めていただけに、海外留学に関しては、「シャブ抜き?」「海外逃亡?」などと疑う声も。

「今年2月に、清原和博が覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された際、『大物芸能人が芋づる式で吊るし上げられる』とネット上で話題となっていたのですが、その“大きな芋”がATSUSHIなのではないかと疑う声も多かっただけに、このタイミングでのアメリカ移住には、どうしても、ドラッグ問題と絡ませて疑ってしまう声が噴出してしまっているようです。また、海外には、日本以上にドラッグの誘惑が多い国がいくつも存在するだけに、『誘惑に負けてしまうのでは?』と危惧するファンもいるようです」(同)

 海外での生活は、ドラッグの誘惑以上に、治安上での危険度が増す。それだけに、海外留学に反対するATSUSHIファンは決して少なくない。


掲載元:http://news.livedoor.com/article/detail/11969838/


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。